技術職の転職が難しい理由と成功の秘訣

技術職転職

技術系の転職は難しいと言われます。
その理由は3つあります。

  1. 即戦力が求められる
  2. 特定の専門分野に技術が特化しすぎている
  3. 新しい技術に対応できない

本稿では、技術職の転職が難しい理由の解説と、それでも転職を成功させるための秘訣を紹介します。

技術職の転職が難しい3つの理由

技術系転職のポイント

冒頭で挙げた、技術系の転職が難しい3つの理由について詳しく解説していきます。

1.即戦力が求められる

メーカーが中途採用で重視する点は、やはり即戦力になるかどうかです。
大抵の場合、社員の退職によりできた穴を埋めるために求人を出すため、どうしても即戦力を希望します。

退職された社員は、他社へ転職しても十分やっていけるほど技術力が高かった場合が多く、同等の技術力を求められることになります。
逆に、高い技術力を持っていれば、有利に転職を進められるということにもなります。

2.特定の専門分野に技術が特化しすぎている

アナログ回路設計者の場合、専門分野が特化しすぎている場合が多く、転職先の分野がかなり狭まってしまいます。
同じアナログ回路に属する「電源・パワエレ・高周波」でも、それぞれ専門的に習得している技術が異なっています。

ある程度広く知識を持っている方が選択肢は増えますが、専門知識がそのまま活かせる会社を見つければ、特化型の方が圧倒的に有利になるでしょう。

3.新しい技術に対応できない

技術は日々進化しています。
20代で学んだ最新技術も、30代になる頃には一般化、または陳腐化していることも少なくありません。

常に最新の技術の動向を把握し、勉強していなければ、技術系メーカーへの転職は難しくなります。

技術系転職は何歳まで可能か?

即戦力を求めるため、メーカー側としては30歳前後で技術力のある人を希望します。
20代であれば、「これから育てていく」という考えもできるため、最低限の技術があれば採用される可能性もあります。

30代では、やはり即戦力となれる技術力がないと厳しいでしょう。

40代となると、余程会社側の要望とマッチしているか、高いマネジメント力を持っていないと難しいでしょう。

女性の技術系転職

女性の技術系転職

歴史のある大手メーカーほど、採用決定権のある幹部社員に古い意識がある人が少なくありません。
筆者が以前勤めていた会社でも、「女性は結婚、妊娠で抜けるから採用したくない」と言っている方もいらっしゃいました。

ただ、会社全体がそうではなくて、性別で採用条件に差を付けない幹部社員もいて、そういった部署はマネージメントがしっかりしていて、女性もイキイキと働いていました。

ですから、採用面接の際に女性の採用についての考えをしっかり聞いておくのが良いでしょう。
それで採用されないような会社・部署なら、働けたとしても楽しく仕事はできないでしょう。

転職先の職種

アナログ回路設計者は、やはり同業種・同職種に転職する場合が多いですが、保有スキル・知識を活かせれば未経験職種でも問題なく転職ができます。

例えば、車載機器の設計者であれば、車載アプリケーションの情報を必要としている半導体メーカーへのアピールができるでしょう。

外資系半導体メーカーや商社のFAE・技術営業として転職される方もいます。

少し変わったところでは、コンサル・調査会社への転職も考えられます。
特定の技術に特化しているよりは、幅広い知見を持っていた方が有利かもしれません。

このように、未経験職種であっても、自身のスキルの有用性を上手く伝えることができれば、未経験職種でも年収アップも狙えるでしょう。

技術系転職を成功させる秘訣

日頃からやっておくこととして、以下の3つが挙げられます。

  • 専門技術を磨く
  • 最新技術の動向確認
  • 他部署の業務に興味を持つ

技術力の向上はもちろん、他部署の仕事にも興味を持って知見を広げておくことで、転職の際の選択肢を増やすことができます。

次に、実際に転職を成功させるまでの流れを説明していきます。

1.転職サイトで広く情報を仕入れる

はじめに、転職サイトに登録し、どういった求人が出ているかを調べます。
このとき、技術職に強い転職サイトを選びましょう。

この時点では、転職しようかどうか迷っている程度でも構いません。
情報を仕入れることで、転職するかしないかの意思を固めることにも繋がります。

技術職に強い転職サイト

30代向け
リクナビNEXT

最大手の転職サイトのため、求人数は圧倒的!求人をチェックするのが大変ですが、良い企業を見つけられる可能性は高まります。「スカウト登録」することで、企業からオファーを受けることもできます。


転職サイトはdoda
doda(デューダ)

大手・優良企業を中心に豊富な求人情報が掲載されています。量だけではなく求人の質も高いのが特徴。転職サイトだけでなく、転職エージェント機能もあります。

2.転職エージェントに登録する

転職する意思が固まれば、転職エージェントに登録しましょう。
転職エージェントに登録することで、非公開案件も紹介してもらうことができます。

また、自身の専門技術とマッチングの高い求人を紹介してもらえるというメリットもあります。

未経験分野へ進みたい場合や、マイペースで活動したい場合は、転職サイトから自分で応募する方が向いているでしょう。

技術職に強い転職エージェント

CAREER CARVER
キャリアカーバー

ハイクラス専門の転職エージェント。年収800万円以上の求人多数。求人は日系の大手メーカーが多めです。


JAC Recruitment
JAC Recruitment

大手メーカーや外資系の求人が多い転職エージェントです。年収アップ、キャリアアップを目指す人におすすめ。企業ごとに担当が付いていて、企業の情報を詳しく教えてもらえます。


エンジニア専門の転職支援はメイテックネクスト
メイテックネクスト

エンジニア専門の転職エージェント。専門技術の知識や業界について精通したコンサルタントが転職をサポートしてくれるのが強みです。

3.企業の評判をチェックする

応募する企業が絞れてきたら、その会社の評判をチェックしましょう。
退職した社員のクチコミは非常に参考になります。

様々なサイトがありますが、中でも『転職会議』は信憑性が高いと感じられます。

【公式サイト】https://jobtalk.jp

4.転職エージェントと上手く付き合おう

転職エージェントは、転職者の入社が決まって初めて報酬が得られます。
そのため、少し強引に入社を進められているように感じる部分もあります。

それを踏まえた上で上手く付き合っていけば、求人サイトだけでは見つけられない良い求人を紹介してもらえます。
「自分にあった求人」を紹介してもらうためにも、しっかりと要望を伝えてコミュニケーションを取る必要があります。

どうしても合わないと感じたエージェントなら、我慢せずに担当の変更をお願いしてみましょう。

この記事のキーワード

関連記事
手に職を付けたい!プロマネから回路設計者に転職した人の話

プロマネ(プロジェクトマネージャー)の仕事は、システム全体を見渡して開発を成功に導くことです。 プロジェクトが完遂した時には、個別のブロック開発の担当者以上のやりがいを感じられるはずです。 しかし、状況によっては現状の立場に不安を感じ、転職を考える人が少なくありません。 プロマネ…

未経験で大手メーカーへ転職は可能か?

技術職の大手メーカーへの転職は、未経験となると一気にハードルが上がります。 本稿では、大手メーカーへの転職が難しい理由と、転職するにはどうすればよいかを解説していきます。 INDEX大手メーカーへの転職が難しい理由大手メーカーへ転職するためには1.別のメーカーで経験を積んでからス…