フォトカプラとは?使い方、回路例をご紹介

フォトカプラ

フォトカプラとは、入力と出力を絶縁した状態で信号を伝達することができるデバイスです。
入力された電気信号はLEDなどの発光素子で光信号に変換され、出力側の受光素子(フォトトランジスタなど)に送信されます。
受光素子は、受信した光信号を再び電気信号に変換して出力します。

フォトカプラ

絶縁型のAC/DCコンバータや、産業機械、音響機器などでノイズ対策のために絶縁されているもの、感電防止のために絶縁されている製品などで使われています。

フォトカプラの仕組みと動作原理

よく使われるフォトカプラICの「PC817C」を使ってLTspiceでシミュレーションをしてみました。

フォトカプラ回路 フォトカプラ動作

MOSFET:M1がオンすると、フォトカプラのの入力側に電流Iinが流れ込みます。
Iinの電流値は、Iin = (5V – VF) / R1 で計算できます。

VFはフォトカプラの受光素子(LED)の順方向電圧です。
VF=1Vなので、Iinは0.8mAとなっています。

出力電流:Ioutは、Iout × CTR で計算できます。

CTRとは、入力電流に対する出力電流の増幅比で、CTR = Iout / Iin で表されます。
Current Transfer Ratioの略で、日本語では「電流伝達比」と呼びます。

今回の回路では、Ioutは1.9mAなのでCTRは、

CTR = Iout / Iin = 238%

となります。

フォトカプラの用途

フォトカプラの代表的な使い方を3つ挙げてみました。

リレー

メカリレーは、アークやバウンスによるノイズが発生しますが、フォトカプラに置き換えることでノイズの問題を解決できます。
こういった製品はフォトリレーと呼ばれることもあります。

フォトカプラリレー

レベルシフト

フォトカプラを使って、Hiレベルのレベルシフトを行うことができます。

フォトカプラレベルシフト

AC/DCコンバータのフィードバック制御

絶縁型フライバックで、2次側でモニタした出力電圧を1次側の制御回路へフィードバックするために使われます。

フォトカプラ駆動

高速化

フォトカプラには高速化された製品もあるのですが、よく使われるPC817Cなどでは、応答速度がそれほど速くありません。
高速化するためには2つの方法があります。

1.入力電流を増やす

下記の回路で、入力電流が1mAの場合と2mAの場合で動作を比較してみました。

フォトカプラ高速化 フォトカプラ高速化

オフ⇒オン時の応答速度は速くなりましたが、オン⇒オフ時の応答速度は改善されませんでした。
これは、フォトトランジスタが飽和状態から復帰するまでに時間がかかってしまうためです。

トランジスタの飽和領域とは?飽和する原理を解説

2.過飽和を防止する

下図のようにベース設置回路を追加し、フォトトランジスタのコレクタ電圧が下がりすぎないようにして過飽和を防ぎます。

ベース設置回路追加

これにより、オン⇒オフ時の復帰速度が改善し、高速化できます。
コレクタ電圧のスイング幅が狭まっていることも高速化の要因です。

フォトカプラ高速化

フォトカプラの寿命

製品によって異なりますが、例えば東芝デバイス&ストレージ社のTLP104の信頼性データを見てみると、Ta=125℃での連続動作試験で、1000Hで不良がゼロとなっています。

また、FIT値はTj=55℃で0.84以下となっています。

動画で電子回路の基礎を学ぶ

Analogistaでは、電子回路の基礎から学習できるセミナー動画を作成しました。

電子の動きをアニメーションを使って解説したり、シミュレーションを使って回路動作を説明し、直感的に理解しやすい内容としています。

これから電子回路を学ぶ必要がある社会人の方、趣味で電子工作を始めたい方におすすめの講座になっています。

電子回路を動画で学ぶ

【内容】

  • 電気回路の基本法則
  • 回路シミュレータの使い方
  • コンデンサ・コイルとインピーダンス
  • フィルタ回路
  • 半導体部品の基礎
  • オペアンプの基礎

この記事のキーワード

関連記事
フォトダイオードとは?使い方と動作原理

フォトダイオードとは、PN接合ダイオードの逆バイアス電流が光照射によって変化することを利用した光センサ素子の一つです。 フォトダイオードの用途は、光学ディスクのピックアップ、テレビなどのリモコン、照度計などがあります。 INDEXフォトダイオードの回路記号と等価回路フォトダイオー…

フラバックコンバータの動作原理と回路設計の手順を解説

フラバック電源とは、スイッチング電源の方式の一つで、1つのスイッチング素子とトランスを使って電力変換を行います。 AC/DCコンバータ等で使用され、ダイオードブリッジで整流された直流電圧を目的の出力電圧に降圧することができます。 本稿ではフラバックコンバータの動作原理、周辺部品の…

スイッチングレギュレータとは?動作原理を基礎から解説

スイッチングレギュレータとは、スイッチング素子を制御して交流から直流、または直流から別の電圧の直流への変換を行うレギュレータ回路です。 スイッチング素子のオン/オフ比を変えることで所望の出力電圧を得ることができます。 スイッチングレギュレータの大きな特徴は、90%以上の電力変換効…