多重帰還型アクティブフィルタの特性と設計計算

本稿では多重帰還型のアクティブフィルタについて解説していきます。

前回までに紹介したサレンキー型アクティブフィルタは非反転増幅回路となっていましたが、多重帰還型では反転増幅回路となります。

サレンキー型2次フィルタの特性と設計計算
サレンキー型3次フィルタの特性と設計計算

ローパスフィルタ(LPF)

多重帰還型のローパスフィルタはこのような回路です。

多重帰還型のローパスフィルタ回路

伝達関数、カットオフ周波数、Q値は以下の式で表されます。

伝達関数、カットオフ周波数、Q値

設計計算

計算を簡単にするため、R1=R2=R3=RQ=1とすると、

多重帰還型のローパスフィルタ設計計算

となります。

R=10kΩ、fc=1kHzとすると、
C1=47nF、C2=5.3nFと計算できます。

周波数特性

上記定数の周波数特性をLTspiceで確認してみます。

シミュレーション回路
周波数特性

減衰特性は-40dB/decadeとなっていることが分かります。

増幅率

増幅率Kは

減衰率

で表されます。

KはDC(0Hz)での利得です。
R1=R3であれば、K=-1となるので-1倍(0dB)となります。

ハイパスフィルタ(HPF)

多重帰還型のハイパスフィルタはこのような回路です。

多重帰還型ハイパスフィルタ

伝達関数、カットオフ周波数、Q値は以下の式で表されます。

伝達関数、カットオフ周波数、Q値

また、fc=∞でのゲイン:Kは

ゲイン

で表されます。

設計計算

計算を簡単にするため、C1=C2=C3=CQ=1とすると、

多重帰還型ハイパスフィルタ計算

となります。

C=10nF、fc=1kHzとすると、
R1=5.3kΩ、R2=47kΩと計算できます。

周波数特性

上記定数の周波数特性をLTspiceで確認すると以下のようになります。

多重帰還型ハイパスフィルタシミュレーション回路
周波数特性

バンドパスフィルタ(BPF)

多重帰還型のバンドパスフィルタはこのような回路です。

多重帰還型バンドパスフィルタ回路

伝達関数、カットオフ周波数、Q値は以下の式で表されます。

伝達関数、カットオフ周波数、Q値

また、中心周波数でのゲイン:Kは

ゲイン

で表されます。

設計計算

計算を簡単にするため、C1=C2=CR1=R2=RQ=1とすると、

多重帰還型バンドパスフィルタ計算

となります。

C=10nF、fc=1kHzとすると、
R1=R2=16kΩ、R3=32kΩと計算できます。

周波数特性

上記定数の周波数特性をLTspiceで確認すると以下のようになります。

多重帰還型バンドパスフィルタシミュレーション回路
周波数特性

関連記事
サレンキー型3次フィルタの特性と設計計算

前回はサレンキー型2次フィルタについて解説しましたので、本稿ではサレンキー型の3次ローパスフィルタ、ハイパスフィルタの設計方法や特性について解説していきます。 サレンキー型2次フィルタの特性と設計計算 INDEX3次ローパスフィルタ(LPF)設計計算周波数特性3次ハイパスフィルタ…

ポールとは?ゼロとは?分かりやすく解説!

オペアンプやレギュレータの位相補償をするために欠かせない知識がポールとゼロ。 しっかり理解すればカットアンドトライでやっていた位相補償を狙って行うことができるようになります。 できるだけ分かりやすく解説していきたいと思います。 伝達関数についても触れますので、以下の記事も合わせて…

定電流源回路の仕組みと設計方法

定電流源とは、負荷のインピーダンスに関係なく一定の電流を流し続ける回路です。 内部抵抗が大きい(理想的には無限大)ため、負荷の変動によって電圧が変動します。 本稿では定電流源の仕組みと回路例、設計方法をご紹介していきます。 INDEX定電流源の仕組み定電流源回路電圧電流変換回路フ…

負性抵抗の原理と回路例

負性抵抗とは、マイナスの抵抗値を持った素子、または回路で、印加する電圧が大きくなると電流が減少するという特性を持っています。 負性抵抗となる素子としては、トンネルダイオードやサイリスタがありますが、本稿ではオペアンプやトランジスタを使った能動的な回路の動作や用途について解説してい…

オペアンプを使った積分回路の原理と動作波形、用途について…

積分回路(積分器)とは、入力波形を時間積分した電圧を出力する回路です。 積分回路の用途としてはローパスフィルタやノイズ除去回路などがあります。 CR回路によるローパスフィルタやノイズ除去回路に比べて、出力インピーダンスが低いことと、入力側が出力側に繋がる回路の影響を受けないという…