ポールとは?ゼロとは?分かりやすく解説!

ポールとゼロ

オペアンプやレギュレータの位相補償をするために欠かせない知識がポールとゼロ。
しっかり理解すればカットアンドトライでやっていた位相補償を狙って行うことができるようになります。

できるだけ分かりやすく解説していきたいと思います。

伝達関数についても触れますので、以下の記事も合わせてご覧ください。

RCフィルタとLCフィルタの伝達関数を計算する方法

ポールとは?

ポール(極)とは、ローパスフィルタで言うところのカットオフ周波数のことです。
制御工学での定義としては「伝達関数が∞になる点」です。

位相補償を行う上では、ポールは位相を90°遅らせて、ゲインを20dB/decの傾きで低下させるものと理解しておくといいでしょう。

ポールのボーデ線図

R=1kΩ、C=0.015uFで構成したローパスフィルタを考えます。

RCフィルタ

ポールのボーデ線図(ボード線図)は以下のようになります。

ポールのボード線図

ポール(=カットオフ周波数)は、1/2πRCより10.61kHzとなります。

ゲインはポールにおいて-3dBになります。
そこから周波数が10倍になるごとに20dB下がっていきます。

位相は、ポールの1/10の周波数から遅れはじめ、ポールで45°遅れ、ポールの10倍の周波数で90°遅れます。
1/10、10倍という周波数は簡略化されたボーデ線図を描くときに使われる値で、実際には前出のグラフのようになだらかに位相が回ります。

ポールの伝達関数

前出のローパスフィルタの回路で伝達関数を計算します。

伝達関数

ゲインは伝達関数の絶対値で表すことができるので、

ゲイン

となります。

位相は伝達関数の偏角ですので、

ポール位相

で計算ができます。

エクセルを使ってゲインと位相の周波数特性を描かせたものが前出のボーデ線図になります。

ゼロとは?

ゼロ(零点)は、ポールとは逆で位相を90°進め、ゲインが+20dB/decの傾きを持つものと理解しておくといいでしょう。
制御工学での定義としては「伝達関数が0になる点」です。

位相を進めると言っても、ほとんどの場合はポールによって遅れた位相を戻すために使われます。
同時に、ポールによって低下しているゲインは下げ止まります。

ゼロのボーデ線図

ボーデ線図(ボード線図)でゼロの効果を確認しましょう。
下図のようなRC回路を考えます。

ゼロ回路

R1とCによってできたポールをR2とCによってできるゼロでキャンセルする回路です。

R1=470kΩ、R2=100Ω、C=0.01uFとすると、

ポール:fp = 1 / 2π×R1×C = 34Hz
ゼロ:fz = 1 / 2π×R2×C = 159kHz

となります。

ゼロボード線図

R1>Zc>R2の周波数領域ではR2が無視されR1とコンデンサによるローパスフィルタとして働きます。
Zc<R2の周波数になると、コンデンサのインピーダンスが無視できるようになるため、R1とR2の抵抗分割回路と見ることができます。

Zc = R2となる周波数がゼロ(零点)になります。
ポールによる-20dB/decの傾きがゼロによる20dB/decの傾きでキャンセルされゲインはフラットになり、90°遅れていた位相は0°に戻ります。

ゼロの伝達関数

前出の回路で伝達関数を計算します。

ゼロ伝達関数

ゲインは伝達関数の絶対値で表すことができるので、

ゼロゲイン計算

となります。

位相は伝達関数の偏角ですので、

ゼロ位相

で計算ができます。

エクセルを使ってゲインと位相の周波数特性を描かせたものが前出のボーデ線図になります。

動画で電子回路の基礎を学ぶ

Analogistaでは、電子回路の基礎から学習できるセミナー動画を作成しました。

電子の動きをアニメーションを使って解説したり、シミュレーションを使って回路動作を説明し、直感的に理解しやすい内容としています。

これから電子回路を学ぶ必要がある社会人の方、趣味で電子工作を始めたい方におすすめの講座になっています。

電子回路を動画で学ぶ

【内容】

  • 電気回路の基本法則
  • 回路シミュレータの使い方
  • コンデンサ・コイルとインピーダンス
  • フィルタ回路
  • 半導体部品の基礎
  • オペアンプの基礎

この記事のキーワード

関連記事
ボルテージフォロワとは?オペアンプを使ったバッファ回路

ボルテージフォロワとは、オペアンプを使ったバッファ回路で、インピーダンス変換や回路の分離の用途で使われます。 増幅率が1倍で、入力インピーダンスが大きく、出力インピーダンスが低いという特徴があります。 合わせて学習 オペアンプ回路の基礎と設計計算の方法 INDEXボルテージフォロ…

スロープ補償とは?DCDCコンバータのサブハーモニック発…

スロープ補償とは、電流モード制御のDCDCコンバータにおいて、オンDUTYが50%以上の条件で発生する低調波発振(サブハーモニック発振)を抑えるために、電流センス信号に一定の傾きのスロープを足し込むことを指します。 INDEXサブハーモニック発振は何故起こるのかスロープ補償の原理…

RHPゼロ(右半面ゼロ)とは

RHPゼロは、20dB/decadeでゲインが上昇し、位相を90°遅らせます。 RHPはRight Half Planeの略で、右半面ゼロとも呼ばれます。 RHPゼロを複素平面で表すと、右側半面にプロットされます。 合わせて学習 ポール、ゼロについて RCフィルタとLCフィルタの…

オペアンプ回路の基礎と設計計算の方法

オペアンプ(OPamp)とは、微小な電圧信号を増幅して出力することができる回路、またはICのことです。 反転入力端子と非反転入力端子の2つの入力端子を持ち、その2つの入力電圧の差を増幅して出力することができます。 通常、帰還(フィードバック)をかけて使い、増幅回路、微分回路、積分…

インバーテッドダーリントン接続の特徴と発振対策

インバーテッドダーリントン接続とは、NPNトランジスタとPNPトランジスタ組み合わせて構成した高hFEの増幅回路です。 NPN-PNP接続はNPNトランジスタと等価、PNP-NPN接続のものはPNPトランジスタと等価となります。 PNP-NPN接続のものは疑似PNPと呼ばれること…