ダーリントン接続の特徴と用途

ダーリントン接続とは、トランジスタのエミッタをもう一つのトランジスタのベースに接続して使う方法で、このような接続をした回路をダーリントントランジスタと呼びます。
ダーリントントランジスタとして、1つのパッケージ内に統合された製品もあります。
ダーリントン接続は、非常に高い電流増幅率を持つのが特徴となっています。

ダーリントン接続の回路と動作

ダーリントン接続には、NPNを2つ組み合わせたものとPNPを2つ組み合わせたものがあります。

NPN型

ダーリントン接続(NPN)

NPNを2つ組み合わせて、全体として1つのNPNトランジスタのように振る舞います。
簡単のため、リークカット抵抗を無視して動作を解説します。

ダーリントン接続の動作

入力電流を1段目のトランジスタが増幅します。
hFE倍に増幅されたエミッタ電流が、2段目のトランジスタのベースに入力され、さらにhFE倍して出力されます。

結果、入力電流に対して、hFE1×hFE2倍に電流が増幅されることとなります。

PNP型

ダーリントン接続(PNP)

PNPを2つ組み合わせて、全体として1つのPNPトランジスタのように振る舞います。

NPN型と同様、入力電流に対して、hFE1×hFE2倍に電流を増幅することができます。

ダーリントン接続の電流増幅

プッシュプル増幅回路

NPN型とPNP型のダーリントントランジスタを組み合わせて、プッシュプル回路を構成することができます。

ダーリントントランジスタによるプッシュプル回路

プッシュプル回路(トーテムポール出力)とは

オーディオアンプなどで良く見られる構成です。

ダーリントン接続の用途

ダーリントントランジスタは、入力側の電流能力が低く、出力に大きな電流が必要な負荷が繋がっている場合に使われます。

ダーリントン接続の用途

例えば上図のように、制御ICの最大電流能力が100μAだったとします。
トランジスタ1段で負荷をドライブする場合、最大電流は10mAまでしか供給できません。

しかし、ダーリントン接続にすることで、制御ICを変えなくても1Aまで負荷電流を供給することができるようになるのです。

ダーリントン接続のデメリット

ダーリントン接続の欠点は2つあります。

出力電圧範囲が狭まる

下図のようなエミッタフォロワ回路の場合、Hiレベルの最大電圧はVCC – 2VBEとなります。
トランジスタ1段の場合に比べ、VBE分出力電圧範囲が狭まってしまうのです。

ダーリントン接続の欠点

最低動作電圧の悪化

下図のようなエミッタ接地回路を考えると、ダーリントントランジスタが動作できるVCCの最低動作電圧は2VBEとなります。
トランジスタ1段の場合に比べ、VBE分最低動作電圧が悪化してしまうのです。

ダーリントン接続の欠点

この記事のキーワード

関連記事
ベース接地回路の特徴と用途

ベース接地回路とは、バイポーラトランジスタのベースを入出力共通端子とし、エミッタを入力、コレクタを出力として使う回路です。 電圧増幅率が高く、電流増幅作用がない(1倍)という特徴を持ちます。 ベース共通回路、ベースコモン回路とも呼ばれます。 INDEXベース接地回路の特徴ベース接…

電流帰還バイアス回路の原理と設計計算の方法

電流帰還バイアス回路とは、エミッタ抵抗によって負帰還(フィードバック)を構成し、ベース電流(バイアス電流)を制御することができる増幅回路です。 エミッタ接地回路と比べ電圧利得は下がるが、周波数特性、ノイズ、歪みが改善し、温度変化によるばらつきも抑えられます。 エミッタ接地回路の特…

接地回路の種類と特徴の比較

接地回路とは、トランジスタの3つの端子のうちのどれかを共通端子として使う増幅回路です。 共通端子として使う端子によって回路名が決まります。 バイポーラトランジスタの場合は、 エミッタ接地 コレクタ接地 ベース接地 の3種類があり、MOSFETの場合も同様に ソース接地 ドレイン接…

C級アンプの回路図と動作

C級アンプとは、トランジスタを入力信号の半周期以下のサイクルで導通させる方式です。 そのため歪みが大きくなりますが、効率が良く、理論上の最大効率は90%に達します。 歪みが大きいためオーディオでは使われず、高周波回路で使用されます。 A級、B級、C級、D級アンプの違い INDEX…

バイポーラトランジスタの仕組みと原理

バイポーラトランジスタとは、半導体のPN接合を利用したトランジスタです。 コレクタ、エミッタ、ベースの3端子で構成され、ベース-エミッタ間に一定以上の電圧を印加することでオンさせる(コレクタ-エミッタ間を導通させる)ことができます。 また、ベースに流し込んだ電流を増幅する、電流増…