ボルテージフォロワとは?オペアンプを使ったバッファ回路

ボルテージフォロワ

ボルテージフォロワとは、オペアンプを使ったバッファ回路で、インピーダンス変換や回路の分離の用途で使われます。
増幅率が1倍で、入力インピーダンスが大きく、出力インピーダンスが低いという特徴があります。

ボルテージフォロワの動作原理

ボルテージフォロワはオペアンプの反転入力端子と出力をショートして使います。

ボルテージフォロワ回路

増幅率(利得)は1倍となり、入力された電圧がそのまま出力されます。

ボルテージフォロワ波形

出力がそのまま反転入力端子に返ってくるため、VOUTがV+より高くなると出力電圧を下げようとフィードバックがかかり、VOUTがV+より低くなると出力電圧を上げようとフィードバックがかかります。
結果、VOUT=V+となるように制御されます。

これがボルテージフォロワの動作原理です。

ボルテージフォロワの役割と用途

ボルテージフォロワの役割は、高いインピーダンスを低いインピーダンスに変換することです。

インピーダンス変換の例

出力インピーダンスが1kΩある信号源があるとします。

インピーダンス変換

この信号源で1kΩのインピーダンスの負荷を駆動させようとすると、信号源の出力インピーダンスの1kΩと抵抗分圧され、負荷には半分の電圧しか印加されないことになります(B点電圧)。

インピーダンス変換

ボルテージフォロワを使うことで、この問題が解決できます。

ボルテージフォロワによるインピーダンス変換 ボルテージフォロワによるインピーダンス変換

オペアンプは入力インピーダンスが非常に高いため、1kΩとの分圧はほとんど無視でき、B点の電圧Hiレベルは5Vのままです。
また、オペアンプの出力インピーダンスが低いため、1kΩの負荷であれば電圧降下がほとんどなく、負荷に5Vを印加することができます(C点電圧)。

つまり、1kΩの出力インピーダンスを、ほぼゼロに変換したということになります。

電圧源として使う

抵抗分圧で決めた電圧を出力する簡易的な方法として、エミッタフォロワ回路が使われます。

エミッタフォロワ

しかし、この回路ではトランジスタのVFによる影響と、ベース電流による電圧降下が発生するため、出力電圧精度がよくありません。
そこで、エミッタフォロワの代わりにボルテージフォロワを使うことで、高精度な電圧源を作ることができます。

ボルテージフォロワによる電圧源

ボルテージフォロワの発振対策

ボルテージフォロワは発振しやすいと言われますが、その理由は反転増幅回路に比べオープンループゲインが高くなるためです。
ボルテージフォロワが発振するパターンとして下記2つがあります。

  1. ボルテージフォロワに対応していないオペアンプを選んでいる
  2. 負荷容量が大きい

それぞれについて対策を説明していきます。

1.ボルテージフォロワに対応していないオペアンプを選んでいる

位相余裕度が十分取れていない設計になっているオペアンプでは、ボルテージフォロワで使うと発振する場合があります。
そのようなオペアンプの場合、ボルテージフォロワでの使用が推奨されていませんので、オペアンプを選ぶ際にはデータシートをしっかり確認しましょう。

どうしてもICを変更できない場合は、出力を抵抗分圧して反転入力端子に接続することで、オープンループゲインを落として発振を防止できる可能性があります。

ボルテージフォロワの発振対策

入力信号も同じ分圧比で分割してから増幅させることで、元の信号と同じ信号を出力できます。

ボルテージフォロワの発振対策

対策前の周波数特性では、オープンループゲインが138dBあり、位相余裕は-5°で発振しています。

ボルテージフォロワの周波数特性

対策後は、ゲインが1/10になるので、オープンループゲインが118dBとなっており、位相余裕も21°まで改善しています。

ボルテージフォロワ発振対策

ただし、わざわざ減衰させてから増幅するので、電圧精度が悪化します。
また、減衰させすぎると同相入力電圧範囲の下限に当たり、単電源では動作できなくなりますので注意が必要です。

2.負荷容量が大きい

通常、オペアンプは内部の位相補償回路で1stポールを生成しており、2ndポールが回る前にゲインが0dBになるように調整されています。
しかし、負荷容量が大きいと、低い周波数に2ndポールができてしまい、ゲインが0dBになる前に位相が回って発振してしまいます。

ボルテージフォロワの発振

対策としては、負荷容量に直列に抵抗(疑似ESR)を挿入する方法があります。

ボルテージフォロワの発振対策

負荷容量と疑似ESRでゼロを形成して位相を戻すことで、位相余裕度が改善されます。

ボルテージフォロワの発振対策

ポール、ゼロについて分かりやすく解説

デメリットは出力のノイズ性能が悪化することです。

この記事のキーワード

関連記事
オペアンプ回路の基礎と設計計算の方法

オペアンプ(OPamp)とは、微小な電圧信号を増幅して出力することができる回路、またはICのことです。 反転入力端子と非反転入力端子の2つの入力端子を持ち、その2つの入力電圧の差を増幅して出力することができます。 通常、帰還(フィードバック)をかけて使い、増幅回路、微分回路、積分…

入力インピーダンスと出力インピーダンスの関係

入力インピーダンス、出力インピーダンスは電子回路を設計する上で必ず必要になる知識です。 入出力インピーダンスの関係が適切でないと、信号のレベル低下、振幅の減衰が起こり、機器の動作に異常を引き起こす場合があります。 本稿では、入力インピーダンス、出力インピーダンスとは何か、その求め…

多重帰還型アクティブフィルタの特性と設計計算

本稿では多重帰還型のアクティブフィルタについて解説していきます。 前回までに紹介したサレンキー型アクティブフィルタは非反転増幅回路となっていましたが、多重帰還型では反転増幅回路となります。 サレンキー型2次フィルタの特性と設計計算 サレンキー型3次フィルタの特性と設計計算 IND…

オペアンプを使った積分回路の原理と動作波形、用途について…

積分回路(積分器)とは、入力波形を時間積分した電圧を出力する回路です。 積分回路の用途としてはローパスフィルタやノイズ除去回路などがあります。 CR回路によるローパスフィルタやノイズ除去回路に比べて、出力インピーダンスが低いことと、入力側が出力側に繋がる回路の影響を受けないという…

サレンキー型2次フィルタの特性と設計計算

サレンキー(Sallen-Key)型フィルタとは、VCVS型(電圧制御電圧源型)アクティブフィルタを構成する方法です。 本稿では、サレンキー型の2次ローパスフィルタ、ハイパスフィルタの設計方法や特性について解説していきます。 INDEX2次ローパスフィルタ(LPF)設計計算周波数…