リチウムイオン電池の仕組みと特性

リチウムイオン電池

リチウムイオン二次電池は扱いが難しく、安全性の高い周辺回路を設計しなければ、異常発熱・発火に繋がる恐れがあります。
安全設計を行うために、まずはリチウムイオン二次電池の仕組みと特性を知っておきましょう。

リチウムイオン電池の構造と仕組み

リチウムイオン電池を構成する主要材料は下記の4つです。

  • 正極材
  • 負極材
  • 電解液
  • セパレータ

正極材にはリチウムを含む遷移金属酸化物、負極材には黒鉛などの炭素材料、電解液にはリチウム塩を溶解させた有機電解液が用いられます。
セパレータには微多孔膜が使用され、正極と負極を隔離しつつ、電解液を保持してリチウムイオンの移動を確保する役割があります。

リチウムイオン電池の構造

充電時は、プラスの電荷を持ったリチウムイオンが正極から負極側へ移動し、負極側へ蓄えられていきます。
これにより正極と負極の間に電位差が発生します。

放電時は負極側から正極側へリチウムイオンが移動し、正極内の電子と結合してリチウム酸化物に還元され、電位差がなくなるように動きます。

リチウムイオン電池の種類と特性

リチウムイオン電池は、正極材に使われる材料で分類されます。
代表的な材料として、コバルト系、マンガン系、リン酸鉄系、NCA系、三元系の5種類があり、それぞれ特性が異なります。

種類 正極材 公称電圧 重量エネルギー密度
コバルト系 コバルト酸リチウム 3.6-3.7 V 150-240 Wh/kg
マンガン系 マンガン酸リチウム 3.7-3.8 V 100-150 Wh/kg
リン酸鉄系 リン酸鉄リチウム 3.2-3.3 V 90-120 Wh/kg
NCA系(ニッケル系) ニッケル酸リチウム 3.6 V 200-260 Wh/kg
三元系(NMC系) ニッケル・マンガン・コバルトの
三元素の化合物
3.6-3.7 V 150-220 Wh/kg

出典元:Wikipedia

リチウムイオン電池のメリット、デメリット

メリット

  • 公称電圧が高い
  • エネルギー密度が高い
  • サイクル寿命が長い
  • 自己放電が少ない
  • メモリー効果がない

ニッカド電池と比較すると、約3倍の電圧が得られ、またエネルギー密度も2倍~4倍得られます。
サイクル寿命も長く、2000回の充放電が可能な製品もあります。

充放電を繰り返すと電池の持ちが悪くなるメモリー効果が無いのもメリットです。

デメリット

リチウムイオン電池のデメリットは、発熱、発火の危険性があるということです。
これは、電解液に有機溶媒を使用しているためです。

発火を防ぐためには、電池の状態の監視、高精度な充電制御、冗長な保護回路が必要となります。
これらの回路は設計難易度が高く、専門知識が必要になります。
また、安全対策によるコストアップもデメリットとなります。

関連記事
ロードスイッチとは?用途や動作原理を解説

ロードスイッチとは、電源と負荷の間に挿入されるハイサイドスイッチで、負荷への電源の供給のオン/オフ切り替えを行う半導体スイッチです。 オン/オフ機能に加え、過電流保護、突入電流防止、逆流防止などの機能を搭載したロードスイッチICも複数のメーカーからリリースされています。 >>各メ…

シャントレギュレータの動作原理と使い方

シャントレギュレータとは、一定の電圧を出力する定電圧源で、電圧制御用のトランジスタが負荷と並列に入るものを言います。 上流に設置された抵抗を介して電流を引き込むことで電圧降下を発生させ、一定の電圧になるように電流値を制御します。 代表的なICに、TL431などがあります。 IND…

LDOの基礎から応用まで全てを解説

本記事では、LDOを使った電源設計ができるようになるために必要な全ての知識を、基礎から応用まで分かりやすく解説していきます。 INDEXLDOとは?シリーズレギュレータとの違いスイッチングレギュレータとの違い仕組みと動作原理データシートの見方出力電圧範囲最大出力電流電圧精度出力電…

ツェナーダイオードの特性と用途

ツェナーダイオードとは、逆方向電圧(降伏電圧)を利用して定電圧を生成したり、電圧をクランプしてデバイスを保護するといった用途で使われるダイオードです。 一般のダイオードとは違い、逆方向(カソード⇒アノード)で使用するのが基本となります。 定電圧ダイオードという呼び方をされる場合も…