ブートストラップ回路の仕組みと動作原理、用途を解説

ブートストラップ回路

ブートストラップ回路とは、NchハイサイドMOSFETを駆動させるための回路です。
ブートストラップ回路はシステムの入力電圧より高い電圧を生成できるため、ゲートにドレインより高い電圧を印加し、Nch MOSFETをフルオンさせることができます。

何故ブートストラップ回路が必要なのか

ハイサイドドライバは、通常Pch MOSFETが用いられます。
Nchの場合、ソース電圧は最大でもVIN-VTHとなるため、ソース電圧はドレイン電圧よりVTH下がってしまいます。
※VTHはMOSFETのゲートしきい値電圧

Pchの場合はゲート電圧はソース電圧よりVTH低ければよいので、問題なくフルオンさせることができます。

ハイサイドドライバ

しかし、Nch MOSFETと同じオン抵抗をPch MOSFETで実現しようとすると、Pchの方が素子サイズが大きくなってしまいます。
そのため、Pch MOSFETはNchに比べ下記のようなデメリットがあることになります。

  • 製造コストが高い
  • ゲート容量が大きくなる
  • より能力の高いゲートドライバ回路が必要

そこで、ハイサイドドライバでもNch MOSFETが使えるように考え出されたのがブートストラップ回路です。
複雑な昇圧回路は不要で、簡単で少ない部品で設計できるのがメリットです。

ブートストラップの仕組みと動作原理

ブートストラップの回路構成は下図のようになります。

ブートストラップ回路

LTspiceで行ったシミュレーション結果を見ながら解説していきます。

ブートストラップ回路動作

はじめに、FETがオフの状態でコンデンサ:CBがVCC(=5V)まで充電されます。
CBの下側は0Vですので、両端の電位差が5Vということになります。

CBの下側はFETのソース側に接続されており、フローティング状態になります。
FETがオンするとソース電圧が上昇しますが、CBの両端電位差5Vは保ったままですので、CBの上側の電圧:VBOOTは常にVS+5Vとなります。

ブートストラップ回路動作

原理的にはチャージポンプと同じですが、チャージポンプとの違いは、自分自身の動作の中で昇圧するかどうかという部分になります。

チャージポンプの仕組み、動作原理を回路図とシミュレーション波形を使って解説

ゲート電圧:VGはソース電圧:VSより高くなります。
下図の通り、ドレイン電圧VD≒VSとなっており、FETがフルオンできていることが分かります。

ブートストラップ回路動作

今回使用したLTspiceのシミュレーション回路は以下よりダウンロードできます。

ダウンロード
ブートストラップシミュレーション回路(ascファイル)
※上記ファイルをダウンロードした時点で利用規約に同意したものとみなします。

ブートストラップ回路の用途

ブートストラップ回路が使われるのは、モータドライバなどのハイサイドスイッチや、DCDCコンバータ(スイッチングレギュレータ)などです。
原理上、ブートストラップコンデンサを充電するためには、一度FETをオフさせてVBOOTの電圧を下げる必要があるため、常にスイッチングしているシステムでないと使えないのがデメリットになります。

ブートストラップ回路

電流制限抵抗によるノイズ対策

ブートストラップコンデンサと直列に抵抗を入れることでノイズ対策ができます。

ブートストラップ回路

FETのスイッチング速度が速すぎるとノイズが大きくなるため、一般的にはFETのゲートラインに抵抗を入れてスイッチング波形を鈍らせるのですが、FETがICに内蔵されたDCDCコンバータやIPDなどの場合にはこういった対策が取れません。

そこで、ブートストラップコンデンサと直列に抵抗を入れることで、ゲートにチャージする電流に制限がかかり、オン側のみですがスイッチング波形を鈍らせることができます。

注意しないといけないのは、抵抗によってブートコンデンサの充電も阻害されるということです。
抵抗が大きすぎるとブートストラップ電圧が低下し、スイッチングできなくなってしまいます。

コラム
ブートストラップは英語でBootstrap、ブーツのつまみ革意味です。
ブーツを履く時にこの部分を引っ張り上げて履くことから転じて、「自助努力」という意味もあります。
ブートストラップ回路も、他回路から電源をもらうのではなく、自分の動作によって電源を持ち上げているところから名付けられています。
関連記事
飽和からの復帰時のレギュレータのオーバーシュートに要注意

LDOやDCDCコンバータなどのレギュレータ回路において、入出力飽和状態から復帰の際に大きなオーバーシュートが観測されることがあります。 車載システムでは特にバッテリ電圧の変動幅、スルーレート共に大きくなりますので対策が必要です。 ここでは、電源の飽和復帰時にオーバーシュートが大…

特性インピーダンスとは?導出・計算方法について解説

特性インピーダンスとは、伝送線路に交流信号が通った時に発生する電圧と電流の比です。 例えば、同軸ケーブルでは特性インピーダンスが50Ωですが、これは抵抗値が50Ωというわけではありません。 DCでのインピーダンスはほぼゼロですが、高周波を通した時には同軸ケーブル内に存在する静電容…

オートディスチャージ機能とは?原理と回路設計方法を解説

オートディスチャージ機能とは、レギュレータやロードスイッチがオフした時に出力コンデンサの電荷を放電する機能です。 「放電シャント」という呼び方をしているメーカーもあります。 オートディスチャージの目的はオフシーケンスの遵守です。 シーケンサーでレギュレータをオフしたとしても、出力…

スロープ補償とは?DCDCコンバータのサブハーモニック発…

スロープ補償とは、電流モード制御のDCDCコンバータにおいて、オンDUTYが50%以上の条件で発生する低調波発振(サブハーモニック発振)を抑えるために、電流センス信号に一定の傾きのスロープを足し込むことを指します。 INDEXサブハーモニック発振は何故起こるのかスロープ補償の原理…

スイッチングレギュレータの位相補償のやり方と位相余裕の計…

スイッチングレギュレータ(DCDCコンバータ)の位相余裕を計算するのはそれほど難しくはありません。 伝達関数を使うので少し取っ付きにくいイメージがありますが、コツさえつかめば簡単です。 計算用のエクセルシートもご用意しましたので、数値を変えながらボーデ線図の変化を確認すればイメー…