定電流源回路の仕組みと設計方法

定電流源とは、負荷のインピーダンスに関係なく一定の電流を流し続ける回路です。
内部抵抗が大きい(理想的には無限大)ため、負荷の変動によって電圧が変動します。

本稿では定電流源の仕組みと回路例、設計方法をご紹介していきます。

定電流源の仕組み

下図のように、負荷に対して一定の電流を流す定電流回路を考えます。

定電流源

電圧はオームの法則より

V = I × R

で決まります。
電流は負荷が変化しても一定ですので、電圧はRに比例した値になります。

したがって、負荷に対する電流、電圧の関係は下図のように表されます。

電流源と負荷、電圧の関係

電流源の内部抵抗は、

r = Δ( VCC – V ) / ΔI

で計算できます。

理想的な電流源の場合、電流は完全に一定ですので、ΔI=0となります。
したがって、内部抵抗は無限大となります。

しかし、実際には内部抵抗は有限の値を持ちます。
そのため、電源電圧によって電流値に誤差が発生します。

電流源の内部抵抗による影響

上図のように、負荷に流れる電流には(VCC-Vo)/rの誤差が発生することになります。

定電流源回路

定電流源回路の作り方について、3つの方法を解説していきます。

電圧電流変換回路

VI変換(電圧電流変換)を利用した定電流源回路を紹介します。
主に回路内部で小信号制御用に使われます。

トランジスタを使った簡易回路

定電流源回路

トランジスタのダイオード接続を2つ使って、2VBEの定電圧源を作ります。
2VBE電圧源からベース接地でトランジスタを接続し、エミッタ側に抵抗を設置します。

これにより、抵抗:RSにはVBE/RSの電流が流れます。
この電流をカレントミラーで折り返し、負荷へ出力します。

簡単に構成できますが、温度による影響を大きく受けるため、精度は良くありません。

オペアンプを使った電流源

精度を改善するため、オペアンプを使って構成します。

定電流源回路

基準電源として、温度特性の良いツェナーダイオードを選定すれば、精度が改善されます。
また、高精度な電圧源があれば、それを基準としても良いでしょう。

オペアンプの出力にNPNトランジスタを接続して、VI変換を行います。
トランジスタのエミッタ側からフィードバックを取り基準電圧を比較することで、エミッタ電圧がVzと等しくなるように電流が制御されます。
抵抗:RSに流れる電流は、Vz/RSとなります。

この電流をカレントミラーで折り返して出力します。

フィードバック制御

出力電流を直接モニタしてフィードバック制御を行う方法です。
大きな電流を扱う場合に使われることが多いでしょう。

定電流源回路

シャント抵抗:RSで、出力される電流をモニタします。
オペアンプの-端子には、I1とR1で生成した基準電圧が入力されます。
I1はこれまでに紹介したVI変換回路で作られることが多いでしょう。

オペアンプの+端子には、VCCからRSで低下した電圧が入力されます。

よって、R1で発生する電圧降下:I1×R1とRSで発生する電圧降下:Iout×RSが等しくなるように制御されます。
したがって、出力電流:Ioutは

Iout = ( I1 × R1 ) / RS

で計算されます。

この記事のキーワード

関連記事
ボルテージフォロワとは?オペアンプを使ったバッファ回路

ボルテージフォロワとは、オペアンプを使ったバッファ回路で、インピーダンス変換や回路の分離の用途で使われます。 増幅率が1倍で、入力インピーダンスが大きく、出力インピーダンスが低いという特徴があります。 合わせて学習 オペアンプ回路の基礎と設計計算の方法 INDEXボルテージフォロ…

コンパレータの設計方法とヒステリシスの作り方

コンパレータとは、2つの入力電圧を比較して出力を切り替える回路です。 非反転入力端子(+端子)の電圧の方が高ければ出力電圧はHi、反転入力端子(-端子)の電圧の方が高ければ出力電圧はLoとなります。 片側の入力電圧を固定して閾値とし、もう一方の電圧が閾値より高いか低いかを判定する…

差動増幅回路の動作原理

差動増幅回路とは、2つの入力の差電圧を増幅する回路です。 差動増幅器とも呼ばれます。 オペアンプを使った回路では、減算回路とも言われます。 本稿では、トランジスタを使った差動増幅回路とオペアンプを使った回路について、わかりやすく解説していきます。 INDEXトランジスタを使った差…

負性抵抗の原理と回路例

負性抵抗とは、マイナスの抵抗値を持った素子、または回路で、印加する電圧が大きくなると電流が減少するという特性を持っています。 負性抵抗となる素子としては、トンネルダイオードやサイリスタがありますが、本稿ではオペアンプやトランジスタを使った能動的な回路の動作や用途について解説してい…

LCフィルタの設計方法

LCフィルタとは、コイルとコンデンサを組み合わせて任意の周波数帯域の信号を遮断したり通過させたりする回路です。 LとCの2つのリアクタンスを持った2次フィルタなので、1次フィルタであるRCフィルタよりシャープな特性が得られます。 本稿では、LCフィルタの設計計算、部品定数の選定方…