カットオフ周波数の求め方

カットオフ周波数とは、フィルタ回路において入力信号がそのまま通過する帯域と、減衰される帯域の境目の周波数のことで、ゲインが3dB下がった周波数で定義されます。
カットオフ周波数は、遮断周波数とも呼ばれます。

カットオフ周波数の計算方法

RCフィルタ、LCフィルタのカットオフ周波数の計算式、周波数特性について解説していきます。

RCフィルタ(一次遅れ系)

RCフィルタのカットオフ周波数:fcは次式で計算できます。

RCカットオフ周波数計算式

実際の回路を例に挙げカットオフ周波数を計算してみます。

RCローパスフィルタ回路

R=1kΩ、C=1uFのローパスフィルタを考えます。

RCローパスフィルタ

カットオフ周波数は、

fc = 1 / (2π × 1k ×1u) = 159Hz

と計算できます。
この回路の周波数特性は以下のようになります。

RCローパスフィルタ周波数特性

カットオフ周波数でゲインが3dB低下していることが分かります。
位相はカットオフ周波数で45°遅れ、全体では90°遅れます。

RCハイパスフィルタ回路

R=1kΩ、C=1uFのハイパスフィルタを考えます。

RCハイパスフィルタ

カットオフ周波数はローパスフィルタと同様で159Hzとなります。
この回路の周波数特性は以下のようになります。

RCハイパスフィルタ周波数特性

ゲインが-3dBになる周波数がカットオフ周波数です。
位相はカットオフ周波数で45°進み、全体では90°進みます。

RLフィルタ(一次遅れ系)

RLフィルタのカットオフ周波数:fcは次式で計算できます。

RLフィルタカットオフ周波数計算

実際の回路を例に挙げカットオフ周波数を計算してみます。

RLローパスフィルタ

R=10Ω、L=100uHのローパスフィルタを考えます。

RLローパスフィルタ回路

カットオフ周波数は、

fc = 10 / (2π × 100u) = 15.9kHz

と計算できます。
この回路の周波数特性は以下のようになります。

RLローパスフィルタ周波数特性

カットオフ周波数でゲインが3dB低下していることが分かります。
位相はカットオフ周波数で45°遅れ、全体では90°遅れます。

RLハイパスフィルタ回路

R=10Ω、L=100uHのハイパスフィルタを考えます。

RLハイパスフィルタ

カットオフ周波数はローパスフィルタと同様で15.9kHzとなります。
この回路の周波数特性は以下のようになります。

RLハイパスフィルタ周波数特性

ゲインが-3dBになる周波数がカットオフ周波数です。
位相はカットオフ周波数で45°進み、全体では90°進みます。

LCフィルタ(二次遅れ系)

LCフィルタのカットオフ周波数は、LCの共振周波数で決まります。
カットオフ周波数:fcは次式で計算できます。

LCフィルタのカットオフ周波数計算

実際の回路を例に挙げカットオフ周波数を計算してみます。

LCローパスフィルタ

L=100uH、C=100uFのLCフィルタを考えます。
理想条件のLCフィルタの場合、共振周波数でのゲインのピークが無限大になってしまうため、コイルの等価直列抵抗として100mΩを想定します。

LCローパスフィルタ

カットオフ周波数は、

fc = 1 / (2π × √(100u ×100u) ) = 1.59kHz

となります。
この回路の周波数特性は以下のようになります。

LCローパスフィルタ周波数特性

カットオフ周波数でゲインの盛り上がり(ピーク)が発生します。
Rの値が大きいほど、ピークが低くなり、ゲインの低下の傾きが緩くなります。

カットオフ周波数で位相が90°遅れ、全体では180°遅れます。

LCハイパスフィルタ

L=100uH、C=100uFのLCフィルタを考えます。
ローパスフィルタ同様、コイルの等価直列抵抗として100mΩを想定します。

LCハイパスフィルタ

カットオフ周波数は1.59kHzとなります。
この回路の周波数特性は以下のようになります。

LCハイパスフィルタ周波数特性

ローパスフィルタ同様、カットオフ周波数でピークが発生し、Rの値が大きいほどピークが低くなり、ゲインの傾きが緩くなります。

低周波領域では、RとLがハイパスフィルタとして働いています。
このRLハイパスフィルタのカットオフ周波数は、

fc = 100m / (2π × 100u) = 159Hz

となり、低域で位相が戻ってきているのはこのRLフィルタの影響です。

動画で電子回路の基礎を学ぶ

Analogistaでは、電子回路の基礎から学習できるセミナー動画を作成しました。

電子の動きをアニメーションを使って解説したり、シミュレーションを使って回路動作を説明し、直感的に理解しやすい内容としています。

これから電子回路を学ぶ必要がある社会人の方、趣味で電子工作を始めたい方におすすめの講座になっています。

電子回路を動画で学ぶ

【内容】

  • 電気回路の基本法則
  • 回路シミュレータの使い方
  • コンデンサ・コイルとインピーダンス
  • フィルタ回路
  • 半導体部品の基礎
  • オペアンプの基礎

この記事のキーワード

関連記事
コレクタ接地(エミッタフォロワ)回路の特徴と使い方

コレクタ接地回路とは、バイポーラトランジスタのコレクタを入出力共通端子とし、ベースを入力、エミッタを出力として使う回路です。 電流増幅率が高く、電圧増幅作用がない(1倍)という特徴を持ちます。 出力(エミッタ)が入力電圧に追従することから、エミッタフォロワとも呼ばれます。 本稿で…

インピーダンス整合(インピーダンスマッチング)のやり方

インピーダンス整合とは、入力側と出力側のインピーダンスを合わせることです。 インピーダンスマッチングとも呼ばれます。 低周波回路では、負荷に与える電力を最大化することが目的で、高周波回路では信号の反射によって生じるリンギング・ノイズを抑えることが目的です。 INDEX低周波回路の…

特性インピーダンスとは?導出・計算方法について解説

特性インピーダンスとは、伝送線路に交流信号が通った時に発生する電圧と電流の比です。 例えば、同軸ケーブルでは特性インピーダンスが50Ωですが、これは抵抗値が50Ωというわけではありません。 DCでのインピーダンスはほぼゼロですが、高周波を通した時には同軸ケーブル内に存在する静電容…

定電流源回路の仕組みと設計方法

定電流源とは、負荷のインピーダンスに関係なく一定の電流を流し続ける回路です。 内部抵抗が大きい(理想的には無限大)ため、負荷の変動によって電圧が変動します。 本稿では定電流源の仕組みと回路例、設計方法をご紹介していきます。 INDEX定電流源の仕組み定電流源回路電圧電流変換回路フ…