TCUとは?車載テレマティクス制御ユニットの機能と構成

TCU

TCUとは、Telematics Control Unitの略で、モバイルネットワークを使って自動車の外部との双方向通信を行う装置です。
トヨタではDCM(Data Communication Module)という名称で専用機器が用意されています。
緊急通報システム(eCall)の機能を搭載している製品も多くなってきています。

eCallとは?車両緊急通報システムの仕組みと義務化の状況

コネクティッドカーの普及、eCallの義務化などによって重要性が増すTCUの役割、機能について解説していきます。

TCUの構成

TCUのユニット内部の構成はこの様になっています。

TCUの内部構成、系統図

eCallの機能が搭載されたTCUはエアバッグECUと通信を行い、エアバッグが展開されたことを検知すると緊急通報システムを起動させます。

事故が起こった際にバッテリが切断される可能性を考慮し、バックアップ用の電池が搭載されています。

TCUの機能

TCUの最も大きな特徴は通信モジュールを搭載していることで、スマホなどと連携しなくても4G、5Gなどのモバイルネットワークを使った通信を行えることです。

自動車メーカーが用意しているサーバーとの通信だけでなく、車の外からスマホとTCU間で通信することができます。

TCUとユーザー

TCUとユーザー(スマホ)と繋がることで次のようなサービスが提供されます。

  • 乗る前に操作(エンジン、エアコンなど)
  • ドア、窓の閉め忘れ通知
  • 車の位置を確認
  • 家族の運転状況を確認
  • 車内への侵入などのアラーム通知

TCUとディーラー

走行距離、バッテリの状態など車の状態をディーラーに送信されるため、最適なタイミングでのメンテナンスの案内などを受けることができるようになります。

TCUとオペレータ

事故が起こった時や煽り運転を受けているなどの緊急時にオペレータに繋いでサポートを受けることができます。

エアバッグが開くほどの事故が起こった場合は自動で緊急通報センターと通信を行い、車両の特定と事故の発生場所、車の状況を送信し、緊急車両の手配が行われます。

緊急通報システムは欧州ではeCall、ロシアではエラグロナスと呼ばれており搭載が義務化されています。

関連記事
C級アンプの回路図と動作

C級アンプとは、トランジスタを入力信号の半周期以下のサイクルで導通させる方式です。 そのため歪みが大きくなりますが、効率が良く、理論上の最大効率は90%に達します。 歪みが大きいためオーディオでは使われず、高周波回路で使用されます。 A級、B級、C級、D級アンプの違い INDEX…

USB
USB PD回路設計に必要な基礎知識

USB PD(Power Delivery)とは、USB type-Cケーブルを使って、最大100W(20V/5A)までの電力を給電できる規格です。 USB PDのメリットは以下のようなものです。 従来以上の急速充電が可能 電圧切り替えができるので、PCなど様々な機器を充電できる…

電流モード制御とは?種類と電圧モードとの違いを解説

電流モード制御とは、スイッチングレギュレータの制御方式の一つで、コイル電流をフィードバックして出力電圧の制御に使うことを特徴としています。 電圧モードが出力電圧を制御しているのに対し、電流モードは設定した出力電圧にするために必要な電流を制御する方式と言えます。 >>各メーカーの電…

逆起電力の発生原理と対策をわかりやすく解説

逆起電力とは、誘導性負荷駆動回路において、駆動回路オフ時に発生する逆方向の電圧のことです。 コイルサージ、逆起電圧とも呼ばれます。 逆起電力は瞬間的に発生する大きなサージ電圧となるため、接続されている電子デバイスの誤動作の原因になったり、最悪破壊してしまう可能性があります。 IN…