TCUとは?車載テレマティクス制御ユニットの機能と構成

TCU

TCUとは、Telematics Control Unitの略で、モバイルネットワークを使って自動車の外部との双方向通信を行う装置です。
トヨタではDCM(Data Communication Module)という名称で専用機器が用意されています。
緊急通報システム(eCall)の機能を搭載している製品も多くなってきています。

eCallとは?車両緊急通報システムの仕組みと義務化の状況

コネクティッドカーの普及、eCallの義務化などによって重要性が増すTCUの役割、機能について解説していきます。

TCUの構成

TCUのユニット内部の構成はこの様になっています。

TCUの内部構成、系統図

eCallの機能が搭載されたTCUはエアバッグECUと通信を行い、エアバッグが展開されたことを検知すると緊急通報システムを起動させます。

事故が起こった際にバッテリが切断される可能性を考慮し、バックアップ用の電池が搭載されています。

TCUの機能

TCUの最も大きな特徴は通信モジュールを搭載していることで、スマホなどと連携しなくても4G、5Gなどのモバイルネットワークを使った通信を行えることです。

自動車メーカーが用意しているサーバーとの通信だけでなく、車の外からスマホとTCU間で通信することができます。

TCUとユーザー

TCUとユーザー(スマホ)と繋がることで次のようなサービスが提供されます。

  • 乗る前に操作(エンジン、エアコンなど)
  • ドア、窓の閉め忘れ通知
  • 車の位置を確認
  • 家族の運転状況を確認
  • 車内への侵入などのアラーム通知

TCUとディーラー

走行距離、バッテリの状態など車の状態をディーラーに送信されるため、最適なタイミングでのメンテナンスの案内などを受けることができるようになります。

TCUとオペレータ

事故が起こった時や煽り運転を受けているなどの緊急時にオペレータに繋いでサポートを受けることができます。

エアバッグが開くほどの事故が起こった場合は自動で緊急通報センターと通信を行い、車両の特定と事故の発生場所、車の状況を送信し、緊急車両の手配が行われます。

緊急通報システムは欧州ではeCall、ロシアではエラグロナスと呼ばれており搭載が義務化されています。

関連記事
昇圧DCDCコンバータの動作原理と設計方法

昇圧回路とは、入力電圧より高い電圧を出力する回路です。 昇圧回路にはスイッチングレギュレータとチャージポンプによる2つの方式があります。 ここではスイッチングレギュレータによる昇圧回路の動作原理や設計方法について解説していきます。 >>各メーカーの昇圧DCDCコンバータの性能比較…

RHPゼロ(右半面ゼロ)とは

RHPゼロは、20dB/decadeでゲインが上昇し、位相を90°遅らせます。 RHPはRight Half Planeの略で、右半面ゼロとも呼ばれます。 RHPゼロを複素平面で表すと、右側半面にプロットされます。 合わせて学習 ポール、ゼロについて RCフィルタとLCフィルタの…

入力トレラント、出力トレラントとは

CMOSロジックICのトレラント機能は、電源電圧以上の電圧を入力、または出力に入力することができる機能。 トレラント機能には入力トレラントと出力トレラントがあり、それぞれ入力に電源電圧以上の電圧を入力できること、出力に電源電圧以上の電圧を入力できることを意味します。 本稿では、ト…

過電流保護の種類と動作原理

レギュレータやパワースイッチなどの出力が短絡した際の保護として、過電流保護回路が搭載されています。 過電流保護回路の仕組みは、電流制限値を設定し、それ以上の電流が流れないようにすることでデバイスの破壊を防ぐようになっています。 ヒューズと違い、過負荷状態が解除されれば正常状態に復…

LDOの基礎から応用まで全てを解説

本記事では、LDOを使った電源設計ができるようになるために必要な全ての知識を、基礎から応用まで分かりやすく解説していきます。 INDEXLDOとは?シリーズレギュレータとの違いスイッチングレギュレータとの違い仕組みと動作原理データシートの見方出力電圧範囲最大出力電流電圧精度出力電…